PR|大阪で話題の審美歯科|

私は中学時代に歯列矯正をしており、その時に歯科医から歯磨きの重要性を学びました。

小学生の頃は全く歯を磨いておらず、朝食を食べてもそのまま学校に行ってしまうほど意識が低かったですが、歯科医でそのことを激怒されてからは毎食後の歯磨きは欠かしていません。

歯の健康はものを噛むという動作以外にもスポーツにも役立つので、とにかく健康を維持するために糖分の多い食品・飲料は摂取しません。

また、最近意識しているのは、朝起きてすぐの歯磨きです。

今までは、朝起きた時はすぐに朝食を食べるので歯は磨いていませんでしたが、ある本を読んでから朝起きてすぐに磨くようにしました。

寝ている間は想像以上に歯は汚れてしまっておりまた口腔内にも雑菌がたまってしまっているので、マウスウォッシュでゆすいでから軽く磨くようにしています。

また、歯列矯正をしている時に歯並びの大事さに気づきました。

歯列矯正をしている間は今以上に歯磨きを意識していました。口の中に器具をつけているということで、不衛生にすることで口腔内はかなり蝕まれてしまいます。想像しただけでもぞっとしたので、強制をしてからは歯磨きを徹底しました。

強制器具が取れてからは、リテーナーという取り外し可能な器具をつけるようになり、現在も使用しています。主に寝る前につけていますが、そのおかげで歯列をキープすることができています。

私は矯正をするまでは、下の歯が上の歯より前に出てしまっていましたが、矯正のおかげで逆にすることができました。しかし矯正を外した今、リテーナーをしっかりしていないと、わずかに下の歯が出てきている感覚があります。ですので、毎晩しっかりつけるようにしていますし、出張先や海外でも夜はつけるようにしています。

器具自体の衛生も保つようにしています。洗浄方法としては、毎日朝起きたら洗浄液に入れて夜につけるというようにしています。

専用の洗浄液を使っていますが、ない場合には入れ歯洗浄剤を使っています。

PR|JALカード|お小遣いNET|サプリメント|オーディオ|家計見直しクラブ|アフィリエイト相互リンク|貯蓄|内職 アルバイト|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム総合情報|心の童話|童話|初値予想|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|工務店向け集客ノウハウ|