月別: 2017年11月

行きたくなくなった歯医者。

私が実家を離れ、一人暮らしをしていた頃の話です。ある時、大阪で歯周病治療なら初診カウンセリングを歯に痛みを感じて、歯科医にかかることにしました。しかし、地元ではない為インターネットなどを使い、近くの評判の審美歯科を見つけ、行ってみました。

 

すると、他に患者は見えず、受け付けの方は大変無愛想な方で、診てもらう前から嫌な気持ちになっていました。そして、診察室に行き、歯科医師の方に会いましたが、かなりの老人でした。そして何より、とても汚い、清潔感のない診察室だったのです。

 

ほこりもたまり、かなりの間使われていなかったのではないか?という程の汚さでした。そこで診察してもらい、サビでも生えてそうな治療器具で虫歯の治療をしてもらいました。

 

清潔感を感じられなかった為、治療器具を口の中に入れられることすら嫌でしたので、治療自体もかなり痛みを感じました。痛いだけでなく、本当にちゃんと治療出来ているのか不安になる程の病院だったので、二度と虫歯にはなりたくないと思った瞬間でした。

すぐに処置できないやっかいな親知らず

虫歯を発見すればすぐに豊中で実績豊富な歯医者にいくようにしているので虫歯による治療は私の場合それほどひどいことにはなっていません。少し削ってレジンで埋めるという感じで銀歯になったり、さし歯を入れたりということもなく、一見虫歯がないような状態で治療できています。

 

しかし、ある時奥歯がうずき始めて歯槽膿漏か、虫歯かと歯医者に行くと親知らずが生えてきているということでした。上の親知らずの時はそのまま抜きましょうといわれてすぐに抜いてもらえたのですが、今回は下の歯ですぐに抜いてしまうということにはなりませんでした。

 

私は腫れたはぐきも嫌なのですぐに抜いてほしかったのですが、親知らずはまっすぐに生えておらず横向きで神経が複雑なところなのでここ歯医者では無理だといわれてしまいました。

 

どうしても抜きたいなら口腔外科へ紹介状を書くといわれましたが、虫歯にもなっていないので様子をみることになりました。私としては早く抜いてすっきりしたいところ親知らずを気にしながら何もできずにいます。

とある大学病院での歯科治療。

私はとある大学病院で親知らずを2本抜きました。きっかけは、親知らずが生えるはずの部分が腫れて、ひどい痛みを感じ、自宅近くのいつも行く江坂駅前の歯医者さんに行ったことでした。

 

その歯医者さん曰く、ここでは親知らずを抜く処置ができないとのことで、紹介状をいただきました。それで、予約を入れて、大学病院へ行きました。

 

大学病院の歯科はずらりと診療台(診療用椅子?)が並び、初めて見る風景でした。たくさんの患者さんも待っていて、病院慣れしていない私は緊張すら覚えました。その後、名前を呼ばれ、治療を受けることになったのですが、その時、忘れられない治療を受けました。

 

おそらく、私の治療はインターンの方がされたのだと思います。なかなか歯を抜くことができないその先生に、机間巡視ならぬ、診療台間巡視をしていた教授と思しき先生が「そんなんじゃ抜けないよ。もっとぐいぐいして大丈夫だから。」と言ったのです。その後、本当にぐいぐいされて、歯は無事、抜けました。

 

大学病院は医師を養成する教育機関でもあることは十分に承知しています。でも、今でも何だかなという気持ちが残っています。

定期的に歯医者に通い、大切な歯を守ろう。

朝食を食べていたら歯の詰め物が取れたので、歯医者に行きました。ネットで近所の評判の良かった歯医者に予約を入れようとしたところ、人気で予約がいっぱいだったのですが、応急処置をしていただきました。

 

その後の通院時にレントゲンを撮って、歯周病の疑いがあるということで、詰め物の治療が終わった後も通院しています。

 

詰め物の治療が終わった後は、3ヶ月に一度通院して歯科衛生士に歯茎のチェックと歯石取りをしていただいています。歯ブラシの指導もしていただけるので、磨き残しがだいぶ減りました。

 

治療後に次の予約も入れることができるので、定期的に通うことができて良かったと思います。

 

これまで行っていた歯医者は1ヶ月以上先の予約は入れられなかったのですが、今通っている歯科は3ヶ月後でも予約可能なので、予定が立てやすくて無理なく通えています。

 

歯が痛くなって歯医者に行くよりも、日頃からかかりつけの信頼できる歯医者に通う予防歯科の方が歯のためにはおすすめです。

歯医者に行ったらインプラント治療までいった

虫歯で以前から気になっていた部分がありました。
歯磨きなどでなんとかこれ以上悪化しないようにと意識はしていました。
そんな時、レストランで唐揚げを食べていた時、急にその部分の感覚がおかしくなりガリッとした感触がありました。

 

恐る恐るみてみると虫歯になっている歯がでてきて、舌で触れてみると以前から気になっていた箇所が欠けていたので急いで病院に行きました。

 

以前も同じようなことがおきた時、詰め物だけでなんとかなっていたので大丈夫かなって思っていましたが、最終的にインプラント治療を行うまでひどいものでした。

 

いきなりインプラント治療はできないので、まずは詰め物で仮歯を作って最終的にインプラント治療までいったので1年ぐらい通っていました。
やはり歯医者なので痛いですししみますし、いい感情は湧きませんでした。

 

しかしインプラント治療のため歯医者に通うことで、歯槽膿漏や他の歯の虫歯チェックなどいろいろ歯について知ることができたのはよかったかなって思っています。

 

少しでもおかしいなって思ったら病院に行きましょう。ほっといて痛い思いをして長時間通うのは金銭的にも精神的にも辛いです。
早く気づけば早く終わります。あとは、歯磨きなど歯に気を使いましょう

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén