月別: 2017年12月

娘の歯科矯正治療で大変だったこと

小学校の高学年になったころから大阪での歯周病治療を選ぶ際に役立つコラムは娘の歯並びが非常に悪くガチャガチャの歯並びになってきて歯ブラシで綺麗に磨くのも大変になってきました。中学生になってからは矯正歯科を受診させたところ、早めに歯列矯正をした方が良いと勧められました。

 

歯並びが悪いと虫歯になりやすいということもありますがそれ以上に噛み合わせが悪いことで肩こりや頭痛などの慢性疾患を引き起こしてしまう可能性があるようです。それなら早いうちに歯列矯正をやっておいた方が良いと思い、100万円近い治療費でしたが目をつぶって治療を受けさせることにしました。

 

ワイヤーを歯の表面に一つ一つつけて行くのですが、初めて矯正器具をつけた時には1週間は、食べ物が全く噛めないぐらいに痛くなって本当に大変でした。喉を通るのは噛まなくても良いスープやゼリーやヨーグルトぐらいでしたのでその1週間で娘は3キロも痩せてしまったほどで、そばで見ている親の私も辛かったです。

 

矯正治療はだいたい1ヶ月から2ヶ月に一度の頻度で通ってワイヤーを締めたりの微調整をしていきます。その度に、1週間の流動食生活になるのが憂鬱でした。

 

ですが2年間矯正をして、やっと矯正器具が外れた時の感動は今でも忘れられません。美しい歯並びになり本人も笑顔に自信が持てるようになりやって良かったと満足しています。

大人になってからの矯正

私は、歯周病歯科医院一覧を大阪で以前から前歯が出ていることがとても気になっていました。

それで、成人して働いて自分のお金で、大阪で評判の歯医者で矯正を始めました。

私の場合、歯を抜かないと綺麗に収まらないと言うことで、横に生えていた親知らず4本と、4番目の歯4本、合計8本の歯を抜くことになりました。

矯正はとても辛かったです。

つけた日は、痛くて痛くて眠れないほど辛くて、調整するたびに夜中に痛みが走るのような痛みの連続でした。

それに、私は前歯の表に付けていたため、ほかの人から矯正器具を見られることが大変嫌でした。

みんなが、矯正器具を見ているような気がして大きく笑えなかったのです。

しかし、少しずつ痛みに耐えながら、歯が確実に動いてくるのはとても嬉しかったです。

そして、今では出っ歯はすっかり綺麗になり、横顔も綺麗なラインになり大変満足しています。3年以上かかりましたが、早くやっておけばと後悔するほど大変満足しています。自分の子供がもし歯並びを気にしていたらお金がどんなにかかってもやらせてあげようと思います。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén