月別: 2018年1月

大晦日虫歯の痛みに耐え抜き歯医者へと向かい歯の根本の治療

せっかくの大晦日だというのに虫歯が痛みだして散々な年明けとなりました。この虫歯ですが実は以前から気になっていて、何度も痛みの症状は出ていたのです。場所で言うと左下の奥から2番目の歯でした。虫歯が痛み出す度に歯磨きをしたり、歯の痛みを軽減してくれる薬を服用したりごまかしていたのです。

 

それを繰り返していく内に痛みが無くなっていたのですが、所詮は応急処置でしかなかったようです。大晦日年越しそばを食べた後にズキンズキンと虫歯の痛みが生じてしまい、私は再び歯磨きや痛み止めの薬でごまかそうとしました。しかし、以前のように痛みが軽減されることはなかったのです。

 

私は我慢ができないほど痛くなり、その虫歯を強引に手で抜いてやろうと試みました。しかし、簡単に抜ける筈がなく、それどころか顎の輪郭が変形するくらい腫れてしまったのです。結果私はその状態で年を越えてしまい歯医者が営業する1月4日まで痛みに耐え抜いたのです。

 

江坂で評判の歯医者に行って先生に教えてもらったのですが、私の虫歯は根本から進行しているようで何度か通院して治療しないといけない程重症だったようです。治療は根本に薬を投与して暫く塞いでおくという方法で3回か4回の通院で治療を終えることができました。

保険内で治療できるんだ!

以前、ちょっとした事で前歯が欠けてしまった事がありました。前歯の半分くらいから斜めに欠けてしまい口を開くのをためらう様な顔になってしまいました。

 

早く治療しに行かないと『恥ずかしいな~』と思っていたのですが…前歯ってよく『保険が利かない』と聞くじゃないですか?なので『幾らお金がかかるんだろう??』なんて考えてしまい、中々治療に行けませんでした(笑)

 

でも、このまま前歯が欠けた情けない顔のままではいられませんので掛かり付けの新大阪の歯医者さんに相談しに行きました。前歯が欠けたのを見せて私が治療費の事を聞くと先生は、『前歯は保険内で治療できるのもあるから大丈夫』と教えてくれました。

 

差し歯にする治療を施してもらいましたが歯の材質を良い物(セラミック等)にすると保険外で値段が高くなるそうですが、私は結局保険内で使える硬質レジンという素材で作ってもらいました。

 

ただセラミックと違い、少し色や歯茎が少々変色するのが難点ですが値段は格段に安くなっていて私は約7000円で治療出来ました!
保険が利かないかも…と悩んでいる方は、まずは相談に行ってみると良いと思います。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén