カテゴリー: 歯科矯正

歯の矯正を経験することで、性格が前向きになりました。

私は、以前より歯並びが悪くて自分の口元が嫌いでしたので、あまり人前も苦手でしたし、吹田のおススメの歯周病治療専門医をご紹介するなら人前で笑うことも苦手でした。歯並びが悪いというのは、歯ががたがたですきっぱが多かったのです。
そんなある日、自分の体力向上のためにトレーニングジムに行くことにしましたが、そこで出会った男性インストラクターの方がとても印象が良く、笑顔が素敵な方でした。そのインストラクターの方は、歯もすごくきれいで見ていて気持ちが良いものでした。自分もそうなりたいと思い、歯を矯正するに至ったのです。正直、成人してからの矯正は、お金もリスクもあると聞いていたのですが、いろいろリサーチした結果、自分の納得できる条件で歯の矯正をすることができました。

歯の矯正が終わってからは人生が変わったようです。まず、人と接することが全然怖くなくなりました。笑顔も普通に出すことができることにこれほどストレスを感じなくなるとは、もっと早くに実行するべきだったと今ではとっても後悔をしています。歯の矯正が終わってからは、友人からも、性格が明るくなったといわれてうれしい毎日です。
もし、歯並びで悩んでいる人がいたとしたら、是非とも矯正することをお勧めします。

歯の矯正をやってよかったとつくづく思う

子供の頃から、大阪で歯周病治療なら減菌対策は万全でしょうか歯並びが悪くて自分でも嫌になることがたびたびありました。上の歯は片方が八重歯で、下の歯は正面4,5本が乱れていました。今でさえ、歯の矯正は多くの子供たちがやっていますが、私が子供の頃は少なかったです。親から声をかけられればやったのかもしれませんが、そういう話もなく社会人になりました。歯並びの悪さは、自分では見えないので、普通に話したり笑ったりしていましたが、ふと鏡を見ると恥ずかしさもありました。
そんな私が歯の矯正をしたのが、40代に入ってすぐの時です。子供が矯正をする前に、自分が初めにやってみようと、なぜあの時にそんな気持ちがわいたのか今となっては不思議です。
矯正期間は、2年間でした。確かにその期間は、食べるものにも気を遣う時もありましたし、やはり人前であまり口を開けたくない時もありました。それでも、終わったらきれいな歯並びになるのだという事を思い、2年間矯正しました。大人になってからの矯正は動きが子供よりも遅いという事は事実かもしれませんが、必ずきれいになります。今は、人前でも気にすることなく大きな口を開けれますし、見られても恥ずかしくありません。本当にやってよかったと思っています。

娘の歯科矯正治療で大変だったこと

小学校の高学年になったころから大阪での歯周病治療を選ぶ際に役立つコラムは娘の歯並びが非常に悪くガチャガチャの歯並びになってきて歯ブラシで綺麗に磨くのも大変になってきました。中学生になってからは矯正歯科を受診させたところ、早めに歯列矯正をした方が良いと勧められました。

 

歯並びが悪いと虫歯になりやすいということもありますがそれ以上に噛み合わせが悪いことで肩こりや頭痛などの慢性疾患を引き起こしてしまう可能性があるようです。それなら早いうちに歯列矯正をやっておいた方が良いと思い、100万円近い治療費でしたが目をつぶって治療を受けさせることにしました。

 

ワイヤーを歯の表面に一つ一つつけて行くのですが、初めて矯正器具をつけた時には1週間は、食べ物が全く噛めないぐらいに痛くなって本当に大変でした。喉を通るのは噛まなくても良いスープやゼリーやヨーグルトぐらいでしたのでその1週間で娘は3キロも痩せてしまったほどで、そばで見ている親の私も辛かったです。

 

矯正治療はだいたい1ヶ月から2ヶ月に一度の頻度で通ってワイヤーを締めたりの微調整をしていきます。その度に、1週間の流動食生活になるのが憂鬱でした。

 

ですが2年間矯正をして、やっと矯正器具が外れた時の感動は今でも忘れられません。美しい歯並びになり本人も笑顔に自信が持てるようになりやって良かったと満足しています。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén