私は中学時代に歯列矯正をしていましたが、その際に口腔内をレントゲン写真したところ、親知らずを発見しました。出てくるまではまだ時間がかかるそうでしたが、親知らずの存在が歯列矯正に影響を与えてしまうということで、歯茎を切開して取ってしまうことにしました。
想像もしていなかったことを言われ同様しましたが、従うほかなく、数日後吹田で人気の歯周病歯医者に行きました
麻酔を行い、ものすごい音のするドリルのようなものを口に入れられ、思わず苦悶の表情を見せていると、歯科医から「麻酔したんだから痛くないでしょ!」となぜか怒られました。
術後は出血がひどく、また帰宅してから数日間が地獄でした。
顔の半分が腫れてしまい、ものを食べられず、体もだるく、数日間学校を休んでいました。
その間はアイスを食べたりしてしのいでいましたが、結局1週間以上はれがひかないまま、仕方なく学校へ行きました。
結局親知らずはその1本だけだったそうなので、もうあの経験をしなくていいと思うとホッとします。