私はとある大学病院で親知らずを2本抜きました。きっかけは、親知らずが生えるはずの部分が腫れて、ひどい痛みを感じ、自宅近くのいつも行く江坂駅前の歯医者さんに行ったことでした。

 

その歯医者さん曰く、ここでは親知らずを抜く処置ができないとのことで、紹介状をいただきました。それで、予約を入れて、大学病院へ行きました。

 

大学病院の歯科はずらりと診療台(診療用椅子?)が並び、初めて見る風景でした。たくさんの患者さんも待っていて、病院慣れしていない私は緊張すら覚えました。その後、名前を呼ばれ、治療を受けることになったのですが、その時、忘れられない治療を受けました。

 

おそらく、私の治療はインターンの方がされたのだと思います。なかなか歯を抜くことができないその先生に、机間巡視ならぬ、診療台間巡視をしていた教授と思しき先生が「そんなんじゃ抜けないよ。もっとぐいぐいして大丈夫だから。」と言ったのです。その後、本当にぐいぐいされて、歯は無事、抜けました。

 

大学病院は医師を養成する教育機関でもあることは十分に承知しています。でも、今でも何だかなという気持ちが残っています。